読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【本音の本音】僕がなぜ公募推薦入試を薦めるのか??お答えいたします。~

 

今だけ!!!

【期間限定】

無料プレゼント配布中!!!!

 

まずは以下のリンクをクリック!!

 

⇓ ⇓ ⇓

koubosuisengoukaku.blogspot.jp

 

 

 

 

 

 

 

【本音の本音って本音すぎるよ!!!】

 

 

こんにちは。

 

”あなたの「人生」と「合格」にコミットする”

現役大学生AO推薦入試対策講座講師の

たいきです。

 

今日は久しぶりに・・・

f:id:aosuisen:20170423011642j:plain

 

今日は久しぶりに、

〇年前の僕が現役受験生のときの

志望理由書をみて、

 

「あ~あのときはあんだけ頑張ったのにな・・・」

 

と勝手に思いにふけっていました。

 

やはり、努力は努力でも

 

努力の方向性

 

はめちゃくちゃ大切ですね・・・

 

さて、今回のテーマは、

な、なんと。。。

 

【僕があなたに執拗なまでにも公募推薦を勧める理由】

 

についてです!!

 

公募推薦を連呼してる理由ってな何なの??

f:id:aosuisen:20170423012346j:plain

ぶっちゃけ、

僕が「公募推薦公募推薦」と言っているのは

 

”ただただ”おすすめしたいから

 

というわけではありません

 

公募推薦は一般入試より勉強が楽だから」

「倍率がそんな高くはないから」

「そんな準備期間要らなそうだから」

 

もちろん、上記のような

推薦入試について

ちまたで言われるような理由でもありません。

 

僕が推薦入試を勧める理由は、

もっと本質的で、

推薦入試の真相になります。

 

ものごとの本質を知ることは、

何についてでも必要なことです。

 

そもそも本質ってなに!?

f:id:aosuisen:20170423014459j:plain

例えば、トリックアートが良い例だと思います!

 

この写真ぱっとみると、写っている人は崖っぷちに立たされ、

一歩外せば落ちそうですよね。

 

しかし、本当は、これは透明なガラスがしかれているだけで

落ちることは決してありません。

(証拠に、右から奥へ2番目の人には影が映っています。)

 

このように、

一見、そのように正しく見えるようなことも

全く事実とは違うことがあります。

 

それは、自分の視点ではなく、様々な観点から

客観的にみることや、

多くの異なるものと比較する

で、見えてくる場合が多いです。

 

それによって、見出された

「本物の事実」。

 

それが本質なのです。

 

だからこそ、

 

なぜ公募推薦入試をすすめるのか?

 

その理由の

本音の本音(=本質)を知る必要があります!

 

そうしないと、

一見そう見える根拠を

事実だと思ってしまう

可能性が出てきてしまいますもんね・・・

 

では、本題へ行きましょう!

 

公募推薦入試を勧める本質的な理由とは????

f:id:aosuisen:20170423015505j:plain

 

(グレーの部分が一見そうみえる事実。赤が本質です!)

 

まず

公募推薦入試を含む

「推薦入試」の特徴とデメリットをみていきます。

 

1.時期が早い

  ⇒早く受験を決め、早く対策しないといけない

 

2.模試がないので、ライバルと比較できない

  ⇒自分の現在地・相対的レベルがわからない

 

3.大学によって、クセの強い問題がかなり出やすい。

   ⇒傾向がわかりにくく、毎年変わると

   対策自体がしにくくなる。

 

以上3つは確実です。

 

続いて、

 

公募推薦入試だけがもち、

他の入試制度にはない

特徴を整理しましょう。

 

①.高校の成績が一定以上必要であること。(大学による)

②.国公立に多く、合格のある”パターン”があること

③.時期が推薦入試の中で最も遅いこと

 

今、挙げたそれぞれ3つの点から

今回のテーマの【本質】に迫ることができます。

 

推薦入試の特徴・デメリット

公募推薦の特徴

を照合してみましょう。

 

f:id:aosuisen:20170423033850j:plain

 

そうすると・・・

 

.時期がはやい⇒③受験時期が遅い

.ライバルとのレベルがわからない⇒①高校の成績が一定以上必要。

3.クセが強い⇒②合格の”あるパターン”がある。

 

3つ全ての点において、

推薦入試のデメリットを

公募推薦入試の特徴が消していること

に気づきます!!

 

これぞ、

 

推薦入試の中でも、僕が最強と考え、

本当に「公募推薦入試」

をおすすめする【理由】なのです。

 

では、3つの点がどのように

打ち消せているのか解説しましょう。

 

1.⇒①の場合

推薦入試は受験時期が早く、

いち早く対策を始めないといけないが、

公募制推薦なら10月~2月が出願時期なので

かなり遅め!!

 

受験時期がはやいことを

クリアにできています!!

 

2.⇒①の場合

推薦入試は”模試”がなく、

受験者がどの程度の学力で、

どのレベルなのかわかりません。

 

しかし!!

 

公募制推薦には「一定以上の評定(成績)」

が必要なので、

これが逆に、

学力レベルが絞り込まれ、

レベルを把握できない状況がなくなります!!

 

3.⇒②

推薦入試は大学によって、

独特でクセの強い問題、

さらには傾向とずれることがあり、

対策自体がしにくいです!

 

しかし!!

 

公募推薦入試には

合格の”あるパターン”

(あるパターンは今後明らかにしていきます・・)

があり、どんな問題でも

対処できるようになります!!

 

結論

f:id:aosuisen:20170423035622j:plain

 

なぜ僕が”公募制推薦入試”を勧めるか・・・

 

それは、

 

【推薦入試のデメリット打ち消し、

推薦入試のメリットを最大限に引き出せる

「究極」の入試形態だから】

 

です!!!!

 

私がおすすめする理由が分かった方は

そっこう公募推薦の入試が

ある大学を調べてみてください!!!

 

以下調べるのに

おすすめリンク(地域、入試形態、国公私で検索できます!

とても便利です!

⇓⇓

大学|日本の大学|ナレッジステーションの学校情報

 

ではまた!!

 

 

今だけ!!!

【期間限定】

無料プレゼント配布中!!!!

 

まずは以下のリンクをクリック!!

 

⇓ ⇓ ⇓

koubosuisengoukaku.blogspot.jp